• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・内海が7回2失点の粘投 ゴロで分かる代え時と辞め時

 巨人の内海哲也(36)が粘りの投球を見せた。

 今季2勝目を目指して10日の西武戦に先発。2点リードの三回に秋山、四回には外崎に適時打を浴びて同点に追いつかれた。五回以降も毎回安打を許したものの、点は許さず、7回102球で7安打2失点。チーム打率.278の12球団最強打線を相手に踏ん張った。「粘り強く投げられたかな」と汗を拭えば、高橋由伸監督(43)には「内容も非常に良かった。粘り強くて内海らしい投球だったんじゃないかな」と褒められた。

 この日は「いい傾向」が出ていた。巨人は昨年から東京ドームなどに、高性能弾道測定器「トラックマン」を導入。今年から担当部署も新設された。球団の担当者の一人がこう言うのだ。

「内海の場合は、投球の軌道、持ち球、リリースポイントなどから総合的に判断して『ゴロを打たせる投手』とはじき出されています。これができていれば好調ということ。仮に抑えていても、飛球が多い時は気をつけなくてはいけない。東京ドームは本塁打が出やすい球場。打球が上に上がると、危険度が増しますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  4. 4

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  5. 5

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  6. 6

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

もっと見る