巨人・内海が7回2失点の粘投 ゴロで分かる代え時と辞め時

公開日:

 巨人の内海哲也(36)が粘りの投球を見せた。

 今季2勝目を目指して10日の西武戦に先発。2点リードの三回に秋山、四回には外崎に適時打を浴びて同点に追いつかれた。五回以降も毎回安打を許したものの、点は許さず、7回102球で7安打2失点。チーム打率.278の12球団最強打線を相手に踏ん張った。「粘り強く投げられたかな」と汗を拭えば、高橋由伸監督(43)には「内容も非常に良かった。粘り強くて内海らしい投球だったんじゃないかな」と褒められた。

 この日は「いい傾向」が出ていた。巨人は昨年から東京ドームなどに、高性能弾道測定器「トラックマン」を導入。今年から担当部署も新設された。球団の担当者の一人がこう言うのだ。

「内海の場合は、投球の軌道、持ち球、リリースポイントなどから総合的に判断して『ゴロを打たせる投手』とはじき出されています。これができていれば好調ということ。仮に抑えていても、飛球が多い時は気をつけなくてはいけない。東京ドームは本塁打が出やすい球場。打球が上に上がると、危険度が増しますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る