貧打の金本阪神 新助っ人交渉も“懲りない球団”と厳しい声

公開日:  更新日:

「投手が1点以下に抑えないと勝てない状況が続いている。(投手陣は)頑張っている。(打者は)工夫しないと」

 ロッテに逆転負けした金本監督はこう言って貧打線を責めたが、何を今更だ。

 この日は初回に糸井の適時打で2点を先制するも、五回に逆転されると追いつけない。防御率3・18、198失点はリーグトップも、打率.231、174得点は同ワースト。打線に元気がないのは、今に始まったことではない。

 開幕から4番に据えた新助っ人のロサリオがサッパリなのは確かに誤算だろうが、「もしも」のことを念頭におき、いざとなれば対処するのが指揮官の仕事。「指導者経験がない」ことは言い訳にはならない。打撃コーチだって「十分な仕事をしていた」と胸を張ることはできまい。

 その阪神は打線のテコ入れのため、緊急補強に乗り出す。最有力候補としてエフレン・ナバーロ内野手(32=カブス3A)との交渉に入ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る