清宮一軍昇格のカギは“長打” 求められるは安打より本塁打

公開日:  更新日:

 清宮幸太郎(19)は二軍降格後、8戦6発の固め打ちで、二軍トップの10本塁打をマークしている。

 一方で、打率は.247。全21安打中、半分が本塁打という極端な成績になっている。1試合で4~5打席立って1安打、その1本が本塁打という日も少なくない。さる日本ハムOBがこう言う。

「二軍でもう少し確実性を身につけることも大事ですが、清宮の最大の武器はツボにはまれば外野フェンスを軽々と越す長打力。栗山監督は、一軍、二軍を問わず、清宮に多くの打席を経験させたい。次に一軍に上がっても、スタメンで4打席以上立つことが多くなるはず。打率の低さには目をつむっても、本塁打、長打が求められるでしょう」

 日本ハムは現在、首位西武と3ゲーム差の2位。3位ソフトバンクとは1.5ゲーム差となっている。チーム防御率3.63はその2球団を上回り、投手力では負けていないだけに、優勝するためには打線のさらなる奮起が求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る