• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

雄星に投げ負けKO G菅野に「メジャー時期尚早」とOB苦言

 巨人の絶対的エースが最強打線に屈した。

 8日、西武の菊池雄星(26)とのエース対決に臨んだ菅野智之(28)は初回、秋山に先頭打者本塁打を浴びてリズムを崩す。高めの149キロの直球を逆方向の左中間スタンドにぶち込まれ、呆然と天を仰いだ。三回には2死から源田、浅村、山川に3連打され2失点。四回、五回にも1点ずつを奪われた。試合前まで防御率1・99でリーグトップだったセ最強投手が、10安打5失点でまさかの5回KOである。

 巨人OBで元投手コーチの中村稔氏(評論家)がこうクビをひねる。

「相手が西武だからと気負っていたような投球でした。いつもの制球力ではなく、全体的に球が甘かった。確かに西武打線の迫力には目を見張るものがあった。1番の秋山から8番の金子まで、みんながフルスイングしてくる。セはコツコツ当てる打撃が主。セにはない力強さに菅野は完全にのみ込まれ、臆したところも見られた。通常のセでの戦いでは圧倒するのに、この日は完敗です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る