• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

雄星に投げ負けKO G菅野に「メジャー時期尚早」とOB苦言

 巨人の絶対的エースが最強打線に屈した。

 8日、西武の菊池雄星(26)とのエース対決に臨んだ菅野智之(28)は初回、秋山に先頭打者本塁打を浴びてリズムを崩す。高めの149キロの直球を逆方向の左中間スタンドにぶち込まれ、呆然と天を仰いだ。三回には2死から源田、浅村、山川に3連打され2失点。四回、五回にも1点ずつを奪われた。試合前まで防御率1・99でリーグトップだったセ最強投手が、10安打5失点でまさかの5回KOである。

 巨人OBで元投手コーチの中村稔氏(評論家)がこうクビをひねる。

「相手が西武だからと気負っていたような投球でした。いつもの制球力ではなく、全体的に球が甘かった。確かに西武打線の迫力には目を見張るものがあった。1番の秋山から8番の金子まで、みんながフルスイングしてくる。セはコツコツ当てる打撃が主。セにはない力強さに菅野は完全にのみ込まれ、臆したところも見られた。通常のセでの戦いでは圧倒するのに、この日は完敗です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る