日ハム清宮に一軍再昇格プラン 近藤「二塁配転」に現実味

公開日:

 二軍で8戦6本塁打の清宮幸太郎(19=日本ハム)が、12日の阪神戦から一軍に再昇格するプランがある。

 敵地の交流戦は今週末まで。12日以降はDHが使えるようになる。出場の幅が広がるため、打撃好調の清宮を再び一軍に昇格させようという構想だ。

 とはいえ、清宮のポジションである一塁、左翼、DHには、中田とアルシアと近藤がいる。

 ここまで左太もも裏の張りでほとんど代打出場だったアルシアが、8日のDeNA戦は5月11日以来のスタメン出場。ケガも癒えて、打率・343の近藤が押し出される形でベンチスタートだった。仮に清宮が昇格したらどこを守るのか。

 日本ハムのOBは「近藤の二塁コンバートですよ」と、こう続ける。

「昨年のキャンプやオープン戦では実際に二塁を守ったし、今年は捕手への再コンバートが検討されたほど。かつて送球イップスで捕手失格の烙印を押された近藤を本気で元に戻そうとしたくらいだから、とにかく打撃を生かしたいのです。近藤を二塁に回せば、清宮を一塁か左翼かDHで使えますからね」

 8日のDeNA戦に二塁手としてスタメン出場した横尾にしても打撃を買われているわけで、守備はお世辞にもうまいとはいえない。今年の日本ハムは明らかに「打撃優先」。ミスでどれだけ点を失っても、清宮の不慣れな左翼守備に目をつぶっても、打ち勝つ野球を目指すということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る