スイスに0-2と完敗…西野ジャパン攻守ダメダメ戦術総破綻

公開日:

 スイスのFIFA(国際サッカー連盟)世界ランキングは6位。堂々のシングルである。現地8日(日本時間9日午前2時キックオフ)にスイス・ルガノで対戦した日本代表のランクは61位。格上相手との試合とはいえ、日本は攻撃、守備ともに収穫はなかった。

 スイス戦のポイントは「慣れた4バックが機能するか?」。4月7日にハリルホジッチ前監督が解任。後釜に座った西野監督は、5月の千葉合宿で3バックの練習に多くの時間を割き、30日のガーナ戦(横浜)も3バックを採用したが、見るべきところはゼロ。それだけにスイス戦の4バックと合わせ、攻撃を差配するトップ下に14年ブラジルW杯以来の起用となったMF本田圭佑が、どんなパフォーマンスを見せるのか? にも注目が集まった。しかし――。

「MF長谷部誠をリベロに置いた3バックが機能するだの、本田をトップ下に配した4バックの方が慣れているだの、結局は3でも4でもミスを連発し、ゴールの気配すらなかった。そもそも今の日本代表のレベルは“フォーメーション以前”の問題です。“かなり手を抜いて欧州の中堅国レベル”だったスイスを攻めあぐみ、0―2のスコア以上の実力差を見せつけられた。西野体制になって2カ月。何の展望も見いだせない状況です」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る