赤っ恥ソフトB…12億円“給料泥棒”松坂大輔に手も足も出ず

公開日:

 三くだり半を突きつけた相手に、してやられた。

 8日、ソフトバンクが相手にしたのが、中日先発の松坂大輔(37)だ。この両者、言うまでもなく因縁がある。ソフトバンクは昨季まで3年12億円もの給料を払いながら、当の松坂は一軍登板わずか1試合。昨オフ、お払い箱にした。それが年俸1500万円の中日では、この日がすでに7試合目の先発。恨み節のひとつもぶつけたいところだろう。

 しかし、そんな松坂相手に、ソフトバンク打線は5回3安打1点。4四球に2失策、フィルダースチョイスと2度も満塁のチャンスを得ながら、のらりくらりと投げるベテラン右腕を打ちあぐねた。その上、今季3勝目(3敗)までプレゼントしてしまったのだから、赤っ恥もいいところだ。

 松坂をめぐっては本人はもとより、高額の年俸を支払っているソフトバンクにも、「カネをドブに捨てている」と非難が浴びせられた。それをようやくクビにできたと思ったら、このありさまである。

 5イニングでお役御免となった松坂は、「早い回でマウンドを降りて申し訳ない」と、古巣への“恩返し”に満足するどころか、反省しきり。

 ソフトバンクにとっては、松坂が試合後のお立ち台に立たなかったことだけが救いだったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る