• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

高校野球で1点を取るための「二塁走者の正解」を教えます

 定期的に城北高の臨時コーチを務めているため、熊本に2週間弱ほど滞在した。春の大会後にNHK杯という大会がある。去る3日に決勝が行われ、城北は0―2で敗れた。

 走者二塁のピンチ。外野手は前進して守る場面だったが、それをせずにポテンヒットで1点を失った。私は捕手に「何で前に守るよう外野に指示しないんだ」と注意した。一つ一つのプレーを徹底しないと、夏は勝ち上がれない。

 いよいよ各地の地方大会が来月に迫った。この時期は多くのプレーを総チェックすることが必要だ。例えば朝練習でバントとフリー打撃、午後の練習時間で走塁、中継プレーといった具合。ノックをやりながら守備と走塁練習を同時に行うと合理的。この時期の練習でやっておきたい「無死二塁か1死二塁で本塁へ突入する」場面で、判断が難しい2例を挙げる。

①打球が三遊間へ飛んだ時の二塁走者の判断

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る