手術のダルは1年を棒に 大谷「右肘部分断裂」で今季絶望も

公開日:

 エンゼルスは8日(日本時間9日)、大谷翔平(23)を右肘の内側側副靱帯の部分断裂で10日間の故障者リスト(DL)に入れたと発表。7日にロサンゼルス市内の病院で、自身の体内から摂取した血小板を使用して壊れた組織の修復や再生を図る「PRP注射」と言われる治療を受けた。

 大谷は6日のロイヤルズ戦に登板し、4回を4安打1失点で降板。試合後、ソーシア監督は「まめの兆候があった」と明かしたが、単に指の皮がむけただけではなく、想像以上に重症だった。

 大谷は8日からの敵地ミネアポリスでのツインズ3連戦には同行せず、今後3週間はノースローで調整。3週間以内に再検査を行って、今後の治療方針を決めるという。

 昨オフ、日本ハムからポスティングシステムを使って移籍した大谷は、投手で9試合に先発して4勝1敗、防御率3・10。打者では34試合で打率2割8分9厘、6本塁打、20打点。投げてはメジャーの先発投手で、今季最速の101・1マイル(約163キロ)を記録。打っては昨季のア・リーグ本塁打王のヤンキース・ジャッジと並ぶ飛距離156メートルの特大弾。オールスター(7月17日=ワシントン)のファン投票では「DH」としてノミネートされており、MLB推薦で選出される投手との二刀流での出場に注目が集まっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る