• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

手術のダルは1年を棒に 大谷「右肘部分断裂」で今季絶望も

 エンゼルスは8日(日本時間9日)、大谷翔平(23)を右肘の内側側副靱帯の部分断裂で10日間の故障者リスト(DL)に入れたと発表。7日にロサンゼルス市内の病院で、自身の体内から摂取した血小板を使用して壊れた組織の修復や再生を図る「PRP注射」と言われる治療を受けた。

 大谷は6日のロイヤルズ戦に登板し、4回を4安打1失点で降板。試合後、ソーシア監督は「まめの兆候があった」と明かしたが、単に指の皮がむけただけではなく、想像以上に重症だった。

 大谷は8日からの敵地ミネアポリスでのツインズ3連戦には同行せず、今後3週間はノースローで調整。3週間以内に再検査を行って、今後の治療方針を決めるという。

 昨オフ、日本ハムからポスティングシステムを使って移籍した大谷は、投手で9試合に先発して4勝1敗、防御率3・10。打者では34試合で打率2割8分9厘、6本塁打、20打点。投げてはメジャーの先発投手で、今季最速の101・1マイル(約163キロ)を記録。打っては昨季のア・リーグ本塁打王のヤンキース・ジャッジと並ぶ飛距離156メートルの特大弾。オールスター(7月17日=ワシントン)のファン投票では「DH」としてノミネートされており、MLB推薦で選出される投手との二刀流での出場に注目が集まっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る