• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“直感パット”で2位T好発進 有村智恵6年ぶり国内Vの条件

【宮里藍サントリーレディスオープン 初日】

 プロ3年目の20歳でツアー初優勝を遂げ、かつてツヨカワ(強くてかわいいプロ)のはしりといわれた有村智恵もすでに三十路になった。

 10代や20代前半の若い女子プロが次から次へと活躍しだすと、会場では隅に追いやられて目立たない存在になっていた。

 2012年までに13勝を挙げて、13年に高校時代の先輩である宮里藍の後を追って米女子ツアーに挑戦。そこで不慣れな長距離転戦や地域によって違う芝質に対応できずゴルフは下降線の一途をたどり、ここ5シーズンは優勝からも遠ざかっている。国内でも賞金シードを獲得できないレベルまで落ちていた。

 今季はQTランク8位資格で12試合に出場して、現在、賞金ランク32位。

 とはいえ予選落ちが6試合もあり、トップ10は1試合だけ。初日60台のラウンドは皆無で、いつも出遅れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る