• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

全仏で完全復帰も若手台頭 錦織圭を待ち受ける厳しい前途

 錦織圭の全仏オープンは4回戦までだった。故障・休養明けから初のメジャー出場に注目が集まったが、第7シードの23歳、ドミニク・ティエムに2―6、0―6、7―5、4―6。完敗といっていいだろう。

 ティエムとの対戦成績は、これまで錦織の2戦2勝で1セットも与えていなかった。そこに、もしかしたらの期待があり、本人も「ナダル以外の選手に壁は感じていない」と自信を語っていた。

 だが、それは2016年までの記録で、ティエムは錦織が途中離脱した昨年に羽ばたいた若手の旗頭――この“時差”に休養明けの難しさがある。

 1回戦からマクシム・ジャンビエ、ブノワ・ペールの一発屋を退け、3回戦では逆に粘りにたけたベテランのジル・シモンを冷静沈着にストレートで葬ってきた。

 この時点で、故障からの完全復帰を口にし、ボールを自由自在に散らす“危険な圭”に戻っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る