• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯への試金石イタリア戦 桜戦士プロップは稲垣啓太に

 ラグビー日本代表が、イタリア、ジョージアとテストマッチを行う「リポビタンDチャレンジカップ2018」が9日に開幕する。

 7日には、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチから、イタリア戦(9日=大分銀行ドーム)のスタメンが発表され、15年W杯イングランド大会にも出場したPR稲垣啓太(28)が名を連ねた。

 14年の初代表から19キャップを獲得し、今ではスクラムの核として日本代表のFW第1列になくてはならない存在だ。

 身長186センチ、116キロと日本人の第1列では大柄な稲垣。スクラム以外にも豊富な運動量でBKをフォローしたり、密集戦に絡むなど、献身的なプレーは高く評価されている。南半球最高峰リーグであるスーパーラグビーの強豪チームから毎年のようにオファーが届くという。

 今回の対戦相手であるイタリア、ジョージアの強固なスクラムは世界でも一、二を争う。来年9月開幕のW杯日本大会1次リーグ同組のスコットランド、アイルランドとも同様にFW戦が強いことで知られる。

 W杯の試金石と位置付けられる今回のテストマッチでは、稲垣の強烈な押しもFW戦を左右しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る