• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

降格後は9戦7発…清宮“二軍以上・一軍以下”の現実的課題

「ビックリしました。久々に芯で打てた感じ。打った瞬間に本塁打になると思った」

 清宮幸太郎(19)が7日のDeNA二軍戦で、右腕・熊原のカーブにうまく反応。右翼場外へ消える特大の10号3ランを放った。

 5月28日に二軍落ちしてからこれで8戦6発。前日、雨天ノーゲームでも“幻の本塁打”を放っており、実質9戦7発の大当たりだ。一軍再昇格も現実味を増しつつあるが、それでも清宮は「二軍で本塁打をどれだけ打とうが仕方がないので」と、浮かれる様子はなかった。

 打撃はもはや、二軍レベルの投手相手では敵なしといっていい。当初は木製バットになかなか慣れず、苦しんだ時期もあった。「とらえたと思ってもファウルになる」と漏らしていたが、この日の本塁打は、打った球と同じカーブを空振りした直後に、タイミングの取り方を微調整して見事にとらえた。「このところ、いい感じに詰まっている」と独特の表現で手応えを口にした。しっかり角度をつけて打てているということなのだろう。荒木二軍監督も「ああいうところで反応できるのが凄い」と褒めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  4. 4

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  5. 5

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  6. 6

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

もっと見る