• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体調不良で米国帰国中…燕助っ人アルメンゴが“リア充”投稿

 最下位に腰を落ち着かせていたリーグ戦の低迷がウソのようだ。ヤクルトが昨7日のソフトバンク戦で延長戦の末にサヨナラ勝ち。交流戦首位の座をキープした。

 躍進に一役買っているのが助っ人勢。この日は先発のブキャナンが7回1失点の好投。リリーフのカラシティーも1回無失点と役目を果たし、主砲のバレンティンは土壇場の九回に15号同点本塁打をバックスクリーンへ叩き込んだ。だが……。

「先日、アルメンゴが球団から厳重注意を受けました」(球団関係者)

 昨季まで中日に在籍していたジョーダン・アルメンゴ(31)のことだ。2年間で12勝の実績を買われ、左腕不足解消の切り札として獲得。中日時代の約2・5倍となる年俸7480万円の“大枚”をはたいたものの、春季キャンプでコンディション不良を訴えて二軍落ちすると、二軍での登板もないまま、4月末には検査を理由に米国へ帰国してしまった。再来日は未定のままだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  4. 4

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  5. 5

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  6. 6

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

もっと見る