• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7回9K好投も初勝利逃す 巨人ドラ1鍬原に抑え転向プラン

 巨人のドラフト1位ルーキー鍬原拓也(22=中大)が昨7日の楽天戦で2度目の先発。三回に4番のウィーラーに逆転満塁本塁打を浴びるなど、7回100球を投げて5安打4失点。2戦目でのプロ初白星はお預けとなった(0勝1敗)。

 その一方で前回は5回で7、この日は7回で9奪三振と、2試合で「東都のドクターK」といわれた持ち味は発揮した。

 中大1年時から先発と救援でフル回転してきた。ある球団関係者は「三振が取れるので、先発だけではなく、リリーフの適性を見た上での外れ外れ1位指名でした」と明かす。

 鍬原は入団時に「先発の方がやりたい。三振は格好いいので奪三振王、沢村賞を取りたい」とキッパリ先発一本宣言しているが、起用法を決めるのは、あくまで由伸監督ら首脳陣である。

 指標は中大の先輩でもある沢村だ。同じドラ1で剛速球を武器に、1年目は174奪三振。巨人のドクターKだったが、先発として11勝11敗、10勝10敗、5勝10敗、5勝3敗で4年目を終えると、原前監督に「貯金をしていない」とリリーフ転向を命じられた。2016年にセーブ王。今季はセットアッパーとして勝利の方程式の一角を担っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  4. 4

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  5. 5

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  6. 6

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

もっと見る