攻守で魅せた阪神・鳥谷 金本監督にスタメン起用のススメ

公開日:

 オリックスとの接戦を制した阪神。スタメン出場の鳥谷が攻守で魅せた。四回1死一塁の守備では、マレーロの痛烈な三塁線のゴロに横っ跳び。素早く二塁へ送球し併殺を決めた。

 同点にされた直後の六回の攻撃では、2死一塁から右中間へ勝ち越しの適時二塁打を放ち、これが決勝点となった。

「(三塁は)去年1年守ったポジション。守りやすかった。チーム事情もあるが、もっと試合に出られるように頑張りたい。(決勝適時打は)いいところに飛んでくれた」

 久々にお立ち台にあがった鳥谷の言葉に、スタンドは大いに沸いた。

 1939試合まで続いていた連続試合出場は5月29日のソフトバンク戦でストップ。それでも心は折れてはいない。6月2日の西武戦もDHのスタメンで5打数2安打1打点。不慣れなベンチスタートではなく、試合の頭から出した方がしっかり仕事をする。金本監督は「今日はベテランの力を借りようと思った。調子を上げていってほしい選手」と言った。

 パのチーム相手に苦戦は予想されたことだが、データが少ない試合こそベテランの経験が生きる。交流戦の通算安打数は歴代最多の323だ。金本監督、お気に入りの大山より、ここはしばらく鳥谷をスタメンで使ったらどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る