• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

攻守で魅せた阪神・鳥谷 金本監督にスタメン起用のススメ

 オリックスとの接戦を制した阪神。スタメン出場の鳥谷が攻守で魅せた。四回1死一塁の守備では、マレーロの痛烈な三塁線のゴロに横っ跳び。素早く二塁へ送球し併殺を決めた。

 同点にされた直後の六回の攻撃では、2死一塁から右中間へ勝ち越しの適時二塁打を放ち、これが決勝点となった。

「(三塁は)去年1年守ったポジション。守りやすかった。チーム事情もあるが、もっと試合に出られるように頑張りたい。(決勝適時打は)いいところに飛んでくれた」

 久々にお立ち台にあがった鳥谷の言葉に、スタンドは大いに沸いた。

 1939試合まで続いていた連続試合出場は5月29日のソフトバンク戦でストップ。それでも心は折れてはいない。6月2日の西武戦もDHのスタメンで5打数2安打1打点。不慣れなベンチスタートではなく、試合の頭から出した方がしっかり仕事をする。金本監督は「今日はベテランの力を借りようと思った。調子を上げていってほしい選手」と言った。

 パのチーム相手に苦戦は予想されたことだが、データが少ない試合こそベテランの経験が生きる。交流戦の通算安打数は歴代最多の323だ。金本監督、お気に入りの大山より、ここはしばらく鳥谷をスタメンで使ったらどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る