• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

攻守で魅せた阪神・鳥谷 金本監督にスタメン起用のススメ

 オリックスとの接戦を制した阪神。スタメン出場の鳥谷が攻守で魅せた。四回1死一塁の守備では、マレーロの痛烈な三塁線のゴロに横っ跳び。素早く二塁へ送球し併殺を決めた。

 同点にされた直後の六回の攻撃では、2死一塁から右中間へ勝ち越しの適時二塁打を放ち、これが決勝点となった。

「(三塁は)去年1年守ったポジション。守りやすかった。チーム事情もあるが、もっと試合に出られるように頑張りたい。(決勝適時打は)いいところに飛んでくれた」

 久々にお立ち台にあがった鳥谷の言葉に、スタンドは大いに沸いた。

 1939試合まで続いていた連続試合出場は5月29日のソフトバンク戦でストップ。それでも心は折れてはいない。6月2日の西武戦もDHのスタメンで5打数2安打1打点。不慣れなベンチスタートではなく、試合の頭から出した方がしっかり仕事をする。金本監督は「今日はベテランの力を借りようと思った。調子を上げていってほしい選手」と言った。

 パのチーム相手に苦戦は予想されたことだが、データが少ない試合こそベテランの経験が生きる。交流戦の通算安打数は歴代最多の323だ。金本監督、お気に入りの大山より、ここはしばらく鳥谷をスタメンで使ったらどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る