“10番の先輩”木村和司氏が香川に直言「もっとわがままに」

公開日:

 とにかく日本人選手の特性を伸ばしてくれる監督がええのぅ。代表クラスの選手はヤンチャなヤツが多い。そういった選手を“使いこなす”監督が出てこないと。

  ――木村和司、日本代表監督に就任! はいかがでしょうか?

 いいね。そりゃ手っ取り早いね(笑い)。マリノスの監督、2年目(11年)が終わったところで辞めることになったが、3年目もやらせてもらって結果を出し、そして日本代表監督にワシが……なんて話になったかも知れん。何だか知らないけど邪魔するヤツがおったからのぅ。裁判でもするか?(笑い)

  ――危ない話になってしまいました。最後に日本サッカー人気について。やや陰りが見えている気がしますが……。

 ロシアW杯予選を突破しながら、確かに日本代表の熱心なサポーターが減ったように感じることもあった。日本代表は結果が問われる。勝たないといけない。でも選手が楽しそうにプレーすることでサポーターもうれしくなるし、勝利を届けてくれると感動が生まれてくる。W杯本大会の開幕も近づいたし、ワシも含めて<日本代表を応援したい>という気持ちが、広がってきているように感じる。いろいろ言われているが、西野ジャパンにはぜひ頑張ってもらいたい。応援しとるよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る