“10番の先輩”木村和司氏が香川に直言「もっとわがままに」

公開日:

 浦和がアジアチャンピオンズリーグで優勝したし、クラブレベルでは間違いなくレベルアップしたと思う。でも日本代表となるとなかなか難しいものがある。ここ4年で<本田を超える存在が出てこなかった>ということは言えるだろう。

  ――10年南アW杯の前年の09年9月のオランダ戦。セットプレーの際に、本田がエースMF中村俊輔に近づいて「FKを蹴らせて下さい」と言いました。

 あったな。そのときワシは「本田、10年早いわい」と思った(笑い)。

  ――南アW杯直前に岡田武史監督(当時)は本田を中心としたチームで勝負しました。

 あれからもぅ8年も経ったんだな。本田が中村を脅かしたように本田にグウの音も言わせないような若い選手が、どんどん出てこないと。


  ――80年、90年代と比べると世界のサッカーの潮流は、どう変わったのでしょうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る