• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日大対応遅れの遠因…理事長夫人に取り入る“女社長の正体”

「雌鶏歌えば家滅ぶ」の故事でいえば、日大には雌鶏が2羽いる。田中英寿理事長が唯一、頭が上がらない優子夫人と、夫人のお気に入りで日大の広報・宣伝業務を仕切る大阪の女性社長。後者の存在が、悪質タックル問題のグダグダ対応の遠因にもなっている。

■理事長夫人の心の隙間に入り込み…

 女性社長・H氏(63)が経営するのは、大阪市の広告代理店E社。民間調査会社によると、年商10億円程度と業界では決して大手とはいえない会社だが、学生数7万人超のマンモス大学の広報プロジェクトを請け負っているのは、優子夫人の“鶴の一声”によるものだとされる。

 H氏は、田中理事長の覚えがめでたく、私設秘書のような存在である井ノ口忠男理事の実姉だ。約10年前、優子夫人にH氏を紹介したのは、井ノ口理事とは日大アメフト部の2年先輩にあたる内田正人前常務理事だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る