• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

14試合連続無失点 Dバックス平野の“覚醒”の裏に右足の変化

 日本で投げていたときとは、まるで別人だ。

 ダイヤモンドバックス・平野佳寿(34)が6日(日本時間7日)のジャイアンツ戦で、2点リードの七回に登板。1死後、代打ペンスに内野安打を許したが、後続を併殺打に打ち取り、反撃を許さなかった。

 これで平野は14試合連続無失点。ここまで29試合で2勝無敗、25奪三振、8四球、防御率1.73と好調で、ナ・リーグ西地区首位を走るチームでは欠かせない存在になっている。

 昨年12月に海外FA権を行使し、メジャー移籍。しかし、当初は「本当に通用するのか?」という疑問の声が少なくなかった。

 日本通算156セーブとはいえ、昨季は3勝7敗29セーブで、防御率2.67。

 最多セーブを獲得した2014年も、1勝6敗40セーブ、防御率3.43と、いわゆる「劇場型」のリリーフ右腕で、年齢的にも下り坂と思われていたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る