ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

公開日:

 オーストリア・インスブルック郊外のゼーフェルトでロシアW杯直前合宿中の西野ジャパン。合宿5日目(現地6日)の練習が日本時間7日午前1時すぎに終わった後、MF本田圭佑(31)が報道陣に向かって、長広舌を振るってみせた。

「僕がトップ下に固定されているとは今のところ思ってないし、俺と(香川)真司との共存もあるでしょうし、試合のシチュエーションによっても変わる。同じような戦い方をしているとダメ。時間は確かに短くて足りないが、やるべきことを今やっているし、まず(日本時間9日午前2時キックオフの)スイス戦にチャレンジャー精神を持って挑み、勝ちにいくところまでこだわりたい」

 さらに「守備が良ければ攻撃の特徴も出る。守備でいくつか試したいパターンがある」と守りにも言及。まるで監督のような口ぶりだった。

 その本田は、5月16日に高級時計のイベントに出席した。そこで「(10年南ア大会、14年ブラジル大会と過去2回のW杯と比べると)今が一番良い状態。フィジカル面は低下してないし、経験が積み重なっている分(総合的に)プラスにしかなっていない」と好調さをアピール。W杯最終登録メンバー23人の発表は半月後の31日だというのに「自分は(ロシアに)行くつもりでいる」とコメント。まるで「オレ様は選ばれて当然!」と言わんばかりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る