稽古非公開は集中か羞恥か…稀勢の里は“ノミの心臓”のまま

公開日:

 見られて困るものでもあるまいに……。

 5日から稽古を再開させた横綱・稀勢の里(31)。しかし、ファンはおろか報道陣にも稽古は公開されず、部屋の入り口には「見学はお断りします」との紙が貼ってあった。

 稀勢の里はもっか7場所連続休場中とあって、その体はブヨブヨ。当然、いきなり相撲を取れるはずはなく、そうでなくともこの時期はすり足やシコといった基礎稽古が中心になる。いちいち公開するものでもないが、あえて隠す必要があるのかどうか。

 本人は稽古後、「ここから頑張ります」と話しただけで、車に乗り込んでそそくさと帰宅。

 ある親方は「本人が“カーテン”を望んだかどうかはわからない。親方の指示の可能性もある」と、前置きしてこう続ける。

「いずれにせよ、見られて困るものがあるわけではなく、『人に見られたくない』、あるいは親方が『とても人には見せられない』と判断したからではないか。稀勢の里は崖っぷちに立たされている現状を悩んでいるはず。そういうときは、被害妄想というのか、他人の視線がやたらと気になるものです。人に見られては稽古に集中できない、ということでしょう。つまり、稀勢の里は横綱に昇進しても、『ノミの心臓』のまま。ここにきても開き直ることができない。メンタル的には、何も成長していません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る