• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

セネガル編<上>デュエルを避けつつカウンターに勝機を

 セネガルのW杯出場は2002年日韓W杯以来、4大会ぶり2度目となる。チームを率いるシセ監督は、日韓大会でセネガル旋風の立役者のひとりとしてベスト8入りに貢献した。あれから16年。どんなサッカーをやってくるのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当の河治良幸氏による「セネガル徹底分析」第1弾。 (聞き手=六川亨・元サッカーダイジェスト編集長)

 ――W杯の経験値では6大会連続出場の日本の方が上ですが、マネ(リバプールFW)ら多くの選手が、欧州の強豪でプレーしています。

「セネガルは、まずはフィジカルの強さを前面に押し出した戦い方をしてくるでしょう。オープンスペースを突くのではなく、あえて接触プレーを仕掛けてくる可能性も高い。1対1の局面が多くなるでしょう」

 ――ハリルホジッチ前監督が言っていたデュエル(フランス語で決闘の意味)が問われるゲームになります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る