西野ジャパンでも主軸に 本田圭佑“王様復活”の危険な賭け

公開日:

 オーストリア西部チロル州の州都インスブルックといえば、中高年世代にとって「1964年と1976年に冬季五輪が行われた場所」というイメージが強い。郊外へ車で30分。標高1200メートルのゼーフェルトというリゾート地が、14日開幕のロシアW杯に出場する日本代表の直前合宿地だ。

 ハリルホジッチ前監督が4月7日に解任。ドタバタ劇の末に西野朗監督体制になり、5月21日からの千葉合宿を経て30日に壮行試合ガーナ戦が行われ、翌31日にW杯メンバー23人が発表された。

 そしてゼーフェルトに場所を移して練習を重ねていく中、西野ジャパンの代表の陣容が、いよいよハッキリしてきた。MF本田圭佑(31)を主軸に据えた「本田・王様復活ジャパン」である。

 千葉合宿で3バックの練習に着手した西野監督は、さっそくガーナ戦で3(DF)―4(MF)―2(シャドー)―1(トップ)を試し、本田を<右シャドー>で先発させた。しかし、攻守ともに機能したとはいえなかった。そもそも本田はJリーグ名古屋、オランダ、ロシア、そしてイタリアと主に4バックの布陣のチームでプレーしてきた。3バックの経験値が少なく、本田自身も3バックでの動きに戸惑いを感じていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る