• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

47クラブに卒業生146人…Jリーグ就職に強い新潟の学校とは

 イニエスタと友だちになれるかも――。

 6月14日に開幕するサッカーW杯。日本代表は合宿地のオーストリアに到着し、19日の初戦(対コロンビア)に向けて調整中だ。

 苦戦が予想されるとはいえ、始まってしまえば盛り上がるのは必至。当然、Jリーグにも注目が集まるはずだ。

 そのJリーグへの就職に強い専門学校が新潟にあった。

 アルビレックス新潟のスポンサーにもなっている学校法人「NSG」グループの「JAPANサッカーカレッジ」(聖籠町)だ。

 何と現在、Jリーグ54クラブ中、47クラブで総勢146人の卒業生が働いている。

「このほか、なでしこリーグとJFLも含めれば183人となり、コーチ、フロントスタッフ、マネジャー、トレーナーなどとして活躍しています。当校の在校生は県外出身者が8割を超え、秋田出身の女子学生がブラウブリッツ秋田(J3)に就職するなど、Uターンが多いのもひとつの特徴です」(広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る