G大阪時代に師弟関係 西野監督は宇佐美と心中するつもりか

公開日:  更新日:

 かつて冬季五輪が開催されたオーストリア・インスブルック郊外にある標高1200メートルのゼーフェルトでロシアW杯直前合宿を張っている西野ジャパン。合宿3日目(現地4日)は、予定外の2部練習が組まれた。

 まずは午前10時(日本時間午後5時)からサーキットトレーニングがメインで行われた。

 これには「19日のW杯初戦コロンビア戦までのコンディショニングが目的。一度負荷をかけた練習をやってフィジカル的に上げておきたい」(西野監督)という思惑があった。

 午後5時(日本時間午前0時)に始まった午後練では、ハーフコートでゲーム形式の練習が行われた。合宿2日目とは違い、この日は4バックがベースの布陣だった。

 午前練は気温25度前後のピーカン照り。午後練は曇天になって気温も下がり、ゲーム形式の練習中に豪雨に見舞われることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る