• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

露呈した錬金術 日大・田中理事長の野望は“五輪に相撲を”

 相撲を五輪の正式種目にする――。

 日大アメフト部員の悪質タックル事件は、いまや社会問題に。内田正人前監督(62)が日大の常務理事を辞任しても、騒動は収まる気配がない。日大の経営体質にまでメディアのメスが入り、いまだ表に出てこない田中英寿理事長(71)がヤリ玉に挙げられているが、そんな日大トップの野望が「相撲を五輪種目にすること」だという。

 田中理事長は日大の相撲部出身。大学3年時に学生横綱になり、アマ横綱になること3回。延べ34個のタイトルを獲得した。

 83年に日大相撲部監督、94年にはJOC(日本オリンピック委員会)の理事に就任。その後、JOC副会長も務めている。

 広域暴力団の山口組組長や住吉会会長との交際疑惑が浮上したこともあって、JOC副会長は辞任したものの、現在も日本相撲連盟副会長や国際相撲連盟会長としてアマチュア相撲界では絶大な権力を握っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る