• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勤続疲労で満身創痍…FW岡崎慎司は“W杯戦力外”に現実味

 14日に開幕するロシアW杯の直前合宿地オーストリア・ゼーフェルト入りした日本代表。3日午後5時(日本時間4日午前0時)に合宿2日目の練習がスタートした。

 まずはストレッチ、ランニングから始まって2人1組のパス交換、1対1のドリブル、パス&ゴーのコンビネーション練習。それから5対2や6対2をこなした。続いてハーフコートよりもやや狭いエリアでゲーム形式の10対10。主力組、控え組ともに3(DF)―4(MF)―3(FW)の布陣で行った。

 この中で注目されたのは、慢性化している左足首痛で5月の国内合宿はリハビリメニューを消化するのに精いっぱいだったFW岡崎慎司(32=レスター)の回復具合だ。

 後半14分から出場した5月30日のガーナ戦は本来のパフォーマンスとはかけ離れ、現地2日の練習1日目に続いて全体練習をフルに消化したとはいえ、ゲーム形式の10対10では負担のかからない「フリーマン」として参加。いつになったら本来のアグレッシブな動きを取り戻せるのか、微妙な状況ともっぱらである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る