錦織全仏8強ならず 24歳ティエムに完敗で世代交代はっきり

公開日:  更新日:

 新旧交代を印象付けた一戦だった。

 テニスの全仏オープン(パリ)は3日、男子シングルス4回戦を行い、世界ランキング21位で第19シードの錦織圭(28)が、同8位で第7シードのドミニク・ティエム(24=オーストリア)にセットカウント1―3で敗れ、2年連続3度目の8強入りを逃した。

 錦織は過去2戦2勝と得意とした相手に序盤から苦戦。ティエムの鋭いショットに防戦一方で、得意のラリー戦でもミスが出て波に乗り切れず、2セットを先取された。

 第3セットこそ、相手のミスから競り合いをものにしたが、第4セットは3―3で迎えた第7ゲームで痛恨のミス。相手の強烈なリターンを返せずブレークを許すと、ラケットを地面に叩き付けて悔しさを爆発させた。

 相手のティエムは今季唯一、世界ランキング1位のラファエル・ナダル(32=スペイン)にクレーコートで土をつけている。ナダルに代わる「赤土の王者」どころか、将来的には頂点に立つ逸材と期待される。

 錦織は試合前に「ナダル以外なら、ベストのプレーができれば絶対に勝てる」と話していたが、今大会は成長著しい若手の引き立て役に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る