• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織全仏8強ならず 24歳ティエムに完敗で世代交代はっきり

 新旧交代を印象付けた一戦だった。

 テニスの全仏オープン(パリ)は3日、男子シングルス4回戦を行い、世界ランキング21位で第19シードの錦織圭(28)が、同8位で第7シードのドミニク・ティエム(24=オーストリア)にセットカウント1―3で敗れ、2年連続3度目の8強入りを逃した。

 錦織は過去2戦2勝と得意とした相手に序盤から苦戦。ティエムの鋭いショットに防戦一方で、得意のラリー戦でもミスが出て波に乗り切れず、2セットを先取された。

 第3セットこそ、相手のミスから競り合いをものにしたが、第4セットは3―3で迎えた第7ゲームで痛恨のミス。相手の強烈なリターンを返せずブレークを許すと、ラケットを地面に叩き付けて悔しさを爆発させた。

 相手のティエムは今季唯一、世界ランキング1位のラファエル・ナダル(32=スペイン)にクレーコートで土をつけている。ナダルに代わる「赤土の王者」どころか、将来的には頂点に立つ逸材と期待される。

 錦織は試合前に「ナダル以外なら、ベストのプレーができれば絶対に勝てる」と話していたが、今大会は成長著しい若手の引き立て役に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る