告訴状受理 警視庁の標的は日大アメフト部の“日常的暴力”

公開日:  更新日:

「今回のように実行した者を除く告訴状の受理は、まれなケースであると思われます」

 日大アメフト部員の悪質タックル問題で、被害者の父親が、内田正人前監督と井上奨前コーチの2人について傷害容疑の告訴状を警視庁調布署に提出。受理されたことを受けて、1日にフェイスブックにこう投稿した。

 関東学生アメフト連盟はくだんのタックルを、内田前監督と井上前コーチの指示と認定。2人を罰則規定で最も重い永久追放に相当する除名処分にした。タックルを浴びせた本人以上に、指示した首脳陣の責任は重いという判断だ。被害者の父親もそう受け止めているからこそ、あえてタックルした選手を外して告訴したのだ。

 すでに提出されている被害届が被害事実の申告なのに対し、刑事告訴は処罰まで求める手続き。それが受理されたのは、捜査義務が生じることを意味する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る