• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日大アメフト部には暴力問題も スポーツ界にはびこる病根

 世間を騒がせた日大アメフト部選手による悪質な反則問題は、関東学生連盟が内田正人前監督と井上奨前コーチを永久追放に当たる「除名」とした。

 今回の騒動でもうひとつ明らかになったのが、日大アメフト部の暴力体質だ。日大アメフト部は昨年、20人の部員が大量退部した。その理由はコーチの暴力にあったという。

 日刊ゲンダイは5月30日付の紙面で、日大アメフト部のグラウンド近くに住む世田谷区民の日大アメフト部に対する苦情を掲載した。その区民も「私の息子は複数の選手がグラウンドで1人の選手をボコボコに殴って血だらけにしている姿を見たことがある。おそらくコーチの指示でしょう」と語っていた。日大アメフト部の暴力は、名将といわれた篠竹幹夫元監督(故人)時代から続いているのだ。

 学校の部活動における暴力指導は今も消えていない。そして、内田前監督が精神的に圧力をかける指導もまた、日本のスポーツ界では昔から行われていたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る