全仏OP錦織圭は“天敵”に逆転勝ち 大坂なおみと共に3回戦へ

公開日:

 日本の男女エースが順当に勝ち上がった。

 テニスの全仏オープン(パリ)は30日、男女シングルスの2回戦を行い、男子は世界ランキング21位で第19シードの錦織圭(28)が、同51位のブノワ・ペール(29=フランス)と対戦し、逆転勝ち。女子では世界20位で第21シードの大坂なおみ(20)が、同51位のザリナ・ディアス(24=カザフスタン)をストレートで下し、それぞれ3回戦進出を決めた。

 次戦で錦織は2回戦で第12シードのクエリーを破った元世界6位ジル・シモン(33=フランス)と対戦。大坂は昨年の全米オープンで準優勝した第13シードのマディソン・キーズ(23=米国)と当たる。

▽錦織のコメント
「タフな試合だった。浅くなった球を狙われ、深い返球、アグレッシブなプレーを強いられた。最終セットはうまくできたと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る