• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

コロンビア編<中>中盤のバリオスがボールを持ったら狙い目

 ロシアW杯初戦の相手コロンビアは、タレントのそろった攻撃陣がクローズアップされるが、守備に関して弱点はないのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当の河治良幸氏による「徹底分析」第2弾。

■守備への切り替えが遅い

 ――コロンビアは南米予選を7勝6分け5敗の4位通過。21得点に対して失点も19と目立ちます。W杯出場を決めた後の韓国戦も1―2で敗れました。

「CBには経験が豊富なC・サパタとムリージョのコンビか、若いD・サンチェスとミナのコンビか、いずれにしても基本的にアンカーを務めるMFバリオスが最終ラインに入ってCB2人と3バックを形成し、両サイドバックを押し上げるスタイルです。ただし、バリオスは攻撃から守備への切り替えが遅く、日本にとってはバリオスがボールを持ったら狙い目です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る