• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「新大関」栃ノ心が誕生 理事会で異論出ず満場一致の昇進

 日本相撲協会からの使者を迎え、栃ノ心(30)の大関昇進が正式に決まった。

 今年1月場所は14勝1敗で初の賜杯を手にすると、翌3月場所は10勝5敗。先場所は13勝2敗の優勝次点で、大関昇進基準となる「3場所33勝」をクリアした。相撲内容も審議されこちらも文句なし。臨時理事会では異論が出ず、満場一致での昇進となった。

 栃ノ心は2006年に来日し、春日野部屋に入門。13年の右ヒザ前十字靱帯断裂の大ケガで幕下に落ちた時期もあったが、見事復活を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る