• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

大関昇進・栃ノ心の異名“ニンゲンキジュ~キ”が分からん?

 夏場所前、栃ノ心が大関に昇進するのは間違いないだろうと予想して、尾車親方が「我々の時代に、ニンゲンキジュ~キ、ミョウ~ブダニというヒトがいましたが、栃ノ心は現代のニンゲンキジュ~キですね」と言った。

 わけ分かんねえ? 若いもんに教えてやる。

「明武谷」! ソップ形のな! ん~だから相撲の体形だよ。アンコ形というのはダヨダヨ、ま、デブだデブ。その逆でソップ形ってのは背が高い、体脂肪の少ねえ筋肉系でな。明武谷というのは、ソップのビナンだったんだ。ビナンが分からん? だから、いい男だったんだよ。「やだあ、ウチらの世界じゃ、そういうのスジ筋イケメンって言うのよ!」うるせえばかやろう。いちいち通訳が要るんか相撲は!

 ニンゲンキジュ~キが分からん? だから起重機だよ。クレーンだよ。昔はクレーンを起重機と呼んだってガッコで教えてクレーンかったか? そうか……まあいい。ソップの明武谷ってのはニンゲン起重機という異名があったんだ。起重機というのはガ~ッてエンジンでものを持ち上げるだろ。それを人間がやったんだ。建設労働に従事していた方? 分からんやつだな、相撲取りだよ! 起重機のように相手を吊り上げるやつだったんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る