• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

コロンビア編<上>FW2人にボールが収まらなければ怖くない

 いよいよロシアW杯開幕(6月14日)が近づいた。グループリーグH組の日本(FIFAランキング60位)は16位コロンビア、28位セネガル、10位ポーランドと格上ばかりと対戦する。どんな特徴を持ったチームなのか?日本はどう戦えばいいのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当記者・河治良幸氏の「対戦国徹底分析」をお届けする。

 ――6月19日、ロシアW杯初戦で日本はコロンビアと対戦。コロンビアとは4年前のブラジルW杯の第3戦で戦い、ケガで招集外のエースFWファルカオを欠きながら1―4の大敗を喫しました。

「今大会はファルカオが復活して1トップに入ります。4年前の日本戦でゴールを決め、得点王になったMFハメスがトップ下に入り、左右にウイングを置く4(DF)―2(ボランチ)―3(MF)―1(トップ)が基本フォーメーションです。3月のオーストラリア戦では、より攻撃的な4―3―3にトライしました。オーストラリアは日本と実力が拮抗。前線からプレスをかけるスタイルも似ているために仮想・日本として採用した可能性が高いと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る