ガーナ戦を前でも飄々顔…西野監督に“ザックの二の舞”不安

公開日:

 30日に壮行試合としてガーナと対戦する日本代表。29日は午後5時半から西野監督が公式会見に臨んだ。

 西野監督は「模索しながらチームづくりをしている。されど待ったなしで本大会は迫っている」とコメントしたが、言葉ほどにプレッシャーを感じている様子はなく、初采配となるガーナ戦を前にして、いつも通りのポーカーフェースぶりだ。

 現役時代から西野監督を取材してきた元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「21日に始まった千葉での代表合宿でもそうでしたが、W杯監督として日本国民から大注目を受ける立場になっても、立ち居振る舞いは現役選手だった20代の頃から変わらず、飄々とした雰囲気を崩すことはなかった。ロシアでも西野監督は喜怒哀楽を出すことなく、淡々と采配を振るでしょうが、14年ブラジルW杯で指揮を執ったザッケローニ元監督の“悪しき前例”が気掛かりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る