ガーナ戦を前でも飄々顔…西野監督に“ザックの二の舞”不安

公開日:

 30日に壮行試合としてガーナと対戦する日本代表。29日は午後5時半から西野監督が公式会見に臨んだ。

 西野監督は「模索しながらチームづくりをしている。されど待ったなしで本大会は迫っている」とコメントしたが、言葉ほどにプレッシャーを感じている様子はなく、初采配となるガーナ戦を前にして、いつも通りのポーカーフェースぶりだ。

 現役時代から西野監督を取材してきた元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「21日に始まった千葉での代表合宿でもそうでしたが、W杯監督として日本国民から大注目を受ける立場になっても、立ち居振る舞いは現役選手だった20代の頃から変わらず、飄々とした雰囲気を崩すことはなかった。ロシアでも西野監督は喜怒哀楽を出すことなく、淡々と采配を振るでしょうが、14年ブラジルW杯で指揮を執ったザッケローニ元監督の“悪しき前例”が気掛かりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る