• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ガーナ戦を前でも飄々顔…西野監督に“ザックの二の舞”不安

 30日に壮行試合としてガーナと対戦する日本代表。29日は午後5時半から西野監督が公式会見に臨んだ。

 西野監督は「模索しながらチームづくりをしている。されど待ったなしで本大会は迫っている」とコメントしたが、言葉ほどにプレッシャーを感じている様子はなく、初采配となるガーナ戦を前にして、いつも通りのポーカーフェースぶりだ。

 現役時代から西野監督を取材してきた元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「21日に始まった千葉での代表合宿でもそうでしたが、W杯監督として日本国民から大注目を受ける立場になっても、立ち居振る舞いは現役選手だった20代の頃から変わらず、飄々とした雰囲気を崩すことはなかった。ロシアでも西野監督は喜怒哀楽を出すことなく、淡々と采配を振るでしょうが、14年ブラジルW杯で指揮を執ったザッケローニ元監督の“悪しき前例”が気掛かりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る