大関昇進確定 栃ノ心にかけられる“モンゴル勢駆逐”の期待

公開日:

「(大関昇進は)うれしいけど、もっと頑張らなきゃいけない。稽古に精進して、力強い相撲を取りたい」

 千秋楽から一夜明けた昨28日、晴れ晴れした表情でこう語ったのが栃ノ心(30)だ。5月場所で13勝2敗の好成績を挙げ、大関昇進を確実なものとしたこのジョージア人力士には、その先の横綱はもちろん、「打倒モンゴル勢」の期待もかかる。

 かつて大関を張った照ノ富士が幕下陥落とはいえ、まだまだ彼らの勢いが衰えたわけではない。今場所は鶴竜が優勝し、エルボーを封じられた白鵬も11勝4敗と、終盤まで優勝争いを演じた。

 近年、土俵はモンゴル勢に席巻されてきた。ここ10年59場所を見ても、53場所でモンゴル出身力士が優勝している。いわば、賜杯のたらい回しである。

 今場所の千秋楽でも、優勝の目がなくなった白鵬が大方の予想通り、鶴竜に敗れた。モンゴル人横綱同士が千秋楽に対戦する場合、必ずと言っていいほど接戦にこそなっても、「まさか」の結末はほとんどない。今回もそれとまったく同じだった。日馬富士暴行事件でその存在が世間に知れ渡った互助組織「モンゴル会」がある以上、何かと支え合う彼らの牙城を崩すのは並大抵のことではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る