• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大関昇進確定 栃ノ心にかけられる“モンゴル勢駆逐”の期待

「(大関昇進は)うれしいけど、もっと頑張らなきゃいけない。稽古に精進して、力強い相撲を取りたい」

 千秋楽から一夜明けた昨28日、晴れ晴れした表情でこう語ったのが栃ノ心(30)だ。5月場所で13勝2敗の好成績を挙げ、大関昇進を確実なものとしたこのジョージア人力士には、その先の横綱はもちろん、「打倒モンゴル勢」の期待もかかる。

 かつて大関を張った照ノ富士が幕下陥落とはいえ、まだまだ彼らの勢いが衰えたわけではない。今場所は鶴竜が優勝し、エルボーを封じられた白鵬も11勝4敗と、終盤まで優勝争いを演じた。

 近年、土俵はモンゴル勢に席巻されてきた。ここ10年59場所を見ても、53場所でモンゴル出身力士が優勝している。いわば、賜杯のたらい回しである。

 今場所の千秋楽でも、優勝の目がなくなった白鵬が大方の予想通り、鶴竜に敗れた。モンゴル人横綱同士が千秋楽に対戦する場合、必ずと言っていいほど接戦にこそなっても、「まさか」の結末はほとんどない。今回もそれとまったく同じだった。日馬富士暴行事件でその存在が世間に知れ渡った互助組織「モンゴル会」がある以上、何かと支え合う彼らの牙城を崩すのは並大抵のことではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る