無敗王者“112秒殺”で3階級制覇 井上尚弥にライバル尻込み

公開日:

「これがボクシングです! (スピード決着に)自分でもびっくりです!」

 新王者がリング上で笑顔を見せた。

 25日に行われたボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチ。挑戦者の井上尚弥(25)が、ここ10年間無敗の王者マクドネルに1回1分52秒でTKO勝ちし、3階級制覇を成し遂げた。

 前日計量から当日は12キロも増やした王者に、井上は「ボディーを狙う」との宣言通り、開幕のゴング早々に左ボディーを一閃。左フックでダウンを奪い、怒涛のラッシュでマクドネルをマットに沈めた。

 井上はスーパーフライ級からバンタム級に転向わずか1試合目。「怪物」の異名を取ったハードパンチャーぶりに他のボクサーたちがおじけづき、なかなか試合が決まらないこともあった。


「井上を倒せばスターダムにのし上がれるチャンスとはいえ、多くのボクサーは『嵐が過ぎる』のを待つのではないか。井上ならさらに上の階級でも十分通用する。階級を変更するまで、息を潜めてじっとしているボクサーがさらに増えることになるでしょうね」(ボクシングライター)

 いつの時代も、強すぎる者は疎まれる宿命か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る