稽古で大関横綱を最初から圧倒 豊山は“KY”なパワー自慢

公開日:

時津風部屋 前頭3枚目

 今場所は負け越しが決定も、稽古では強い。強いのだが、「角界の暗黙の了解がわかっていない面もある」とも言われていた。

「ルールというほどのルールでもないが、『稽古見学に来たファンなど大勢が見ている前では、下の者は上位力士に最初から本気でぶつかってはいけない』という、ややこしい慣例があるんです」

 とは、あるベテラン記者。どういうことか。

「ぶつかり稽古で、大関横綱が『さあ、来い!』と下位の力士を指名する。その時点では、受ける側もまだエンジンが温まっていない。そこに力自慢の豊山が本気でぶつかっていくのだから、横綱といえど土俵の外まで一気にもっていかれる。それを大勢が見ている中で行えば、上位力士もバツが悪いし、何よりケガの恐れもある。つまり、ぶつかり稽古では最初は適当に当たるべし、ということです。兄弟子の正代はその辺りがうまい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る