右ヒジ筋肉断裂からもう復帰…遠藤「強行再出場」の是非

公開日:

「狂気の沙汰としか思えない」

 角界からはこんな声も上がっている。

 22日から再出場の遠藤(27)は、18日の5月場所6日目、御嶽海戦で「右上腕二頭筋遠位部断裂」の重傷を負った。「3週間の加療を要する」と診断され、7日目から休場していたが、まさかの復帰となった。もちろん、ケガは治っていない。それどころか、「(筋肉が)完全に断裂している」(追手風親方)という。にもかかわらず、手術すらしないというのだ。

 遠藤には同様の過去がある。2015年の3月場所で、「左ヒザの前十字靱帯部分断裂および外側半月板損傷」で全治2カ月という力士生命にも関わる大ケガを負った。しかし、当時もメスは入れず、患部周囲の筋肉を鍛えることで故障をカバーする方法を選んだ。

 追手風親方は「これ以上は悪くならないから」と話している。残り全休で番付を大きく落とすなら、出て1つでも2つでも勝つ可能性にかけたのだろう。ある親方は「それは悪手」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る