20年ぶり道産子幕内力士 旭大星は映画の“主役”も経験済み

公開日:

友綱部屋 前頭15枚目

 かつて横綱といえば北海道出身という時代があった。初代は第41代の千代の山、43代吉葉山と続き、大鵬、北の富士、北の湖、千代の富士、北勝海、大乃国とそうそうたる顔ぶれが並ぶ。横綱輩出8人は、全都道府県最多である。

 しかし、1998年に北勝鬨が十両に陥落したのを最後に、幕内から北海道出身力士は姿を消した。新入幕の旭大星は実に20年ぶりとなる幕内の「道産子力士」だ。

 あるタニマチ筋は「そもそも、北海道は相撲が盛んな土地ではない」と、こう言う。

「それでも横綱以下、力士が多かったのは、運動神経のいい子を引っ張ってきていたからです。あの千代の富士や北の湖も、入門するまで相撲はほぼ未経験だった。しかし、北海道での巡業が昔に比べて激減すると、現地の情報も入ってきにくくなった。身近でお相撲さんを見る機会がなく、力士に憧れる子供が減ったのも原因のひとつです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る