• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラグビーW杯 ルーマニア出場取り消しが日本代表に飛び火

 2019年ラグビーW杯での日本の開幕戦の相手が変更された。

 代表資格のない選手を出場させた欧州予選1位のルーマニアが出場権を取り消され、代わって同予選3位のロシアが繰り上がりで出場。ルーマニアは7人制のトンガ代表歴がある選手を予選6試合で起用したという。

 ラグビーでは、その国の代表になるには「36カ月継続して居住する」などの条件を満たせば、国籍は問われない。これまで日本代表も多くの外国出身選手を補強。日本協会が5日に発表した今季の代表候補40人のうち、海外勢は14人を占めており、今回のルーマニアのケースは対岸の火事として済まされない。19年W杯本番までに日本代表入りの資格を満たす選手が4人もおり、中心選手として期待される南アフリカ人FWも含まれているからだ。

 今季、スーパーラグビーでも活躍した(5月上旬に契約満了)FLのピーター・ラブスカフニ(29=クボタ)だ。ラブスカフニは16年に来日し、19年には「居住3年以上」の代表入り条件を満たす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事