三冠王や打撃C指摘 日ハム清宮の打撃開眼は重心移動がカギ

公開日:

 16日の西武戦、清宮幸太郎(18)は3打数無安打に終わった。

 球場が沸いたのは3打席目。十亀の外角速球を捉え、打球は右中間に高々と舞い上がった。プロ2号! と思われた当たりはしかし、「差し込まれました」と本人が振り返ったように、フェンス手前で失速。中堅の秋山が取り損なったのを見て一気に三塁を陥れたものの、記録はエラーで歓声はため息に変わった。

 前日に22打席ぶりの安打を放ったが、この日の3タコで打率は.174まで降下。試合前には、フリー打撃の待ち時間に自らロングティーを志願し、打撃練習では広角に打つ意識で臨んだ。練習ではほれぼれするような打球をポンポン飛ばすが、試合では相変わらず苦戦が続く。

 打撃開眼のポイントは重心移動と足の蹴りにあるかもしれない。

 清宮は結果が出ていないときに「重心が後ろに残っていて前に出ない」と話したことがある。重心を軸足から前足に移動させながら打つが、それが後ろの左足に残ったままだと振り遅れ、打球が詰まり気味になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る