• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

関脇・逸ノ城 “ウドの大木”と消極相撲返上で初日から4連勝

 もう「ウドの大木」なんて言わせない。

 初日から負けなしの4連勝と波に乗っている関脇の逸ノ城(25)。16日の4日目は豊山を一蹴。幕内で最も重い225キロの巨体を生かし、前に前にと攻めて、難なく寄り切った。

 引き技で勝った前日は「悪い癖が出た」とバツが悪そうだったが、この日は積極果敢な相撲で場内の歓声を浴びた。

 この逸ノ城、かつては太りすぎに悩んでいた。新入幕の14年9月場所は199キロながら、俊敏な相撲で13勝2敗。しかし、その後は稽古嫌いと食べすぎがたたり、体重ばかりが増えて、「200キロを超えたら人間じゃない。馬ですよ」と、自虐していたほどだ。

 一念発起して減量に努めるも、成績は上向かず。ここ3年ほどは勝ったり負けたりを繰り返し、伸び悩んでいた。それが今年に入るや、1月は10勝、3月は9勝。見違えるように、相撲内容も良くなった。ある親方は「巨漢の利点にやっと気付いた」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事