• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主軸に定着し打撃好調 年俸1200万円のG岡本は来季いくらに

「6000万円、いや、一気に7000万円までいくんじゃないか」

 気の早い話だが、巨人ナインは今、こんな話で盛り上がっている。

 高卒4年目にして才能開花、レギュラーどころかクリーンアップに完全定着した岡本和真(21)の来季の年俸である。

 12対4と大勝した16日のヤクルト戦は4打数1安打と目立たなかったものの、打率.345は堂々のリーグ4位。26打点は同5位、7本塁打は同5位タイと目覚ましい働きだ。このままバットが湿らなければ、今季の年俸1200万円がナンボになるのか、確かに気になるところではある。

■ゴジラ松井の昇給率が根拠に

 ナインがウワサする6000万円は、松井秀喜の昇給率が根拠になっている。松井は打率.294、20本塁打、66打点の成績を残した2年目のオフ、1900万円だった年俸が一気に6200万円になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事