主軸に定着し打撃好調 年俸1200万円のG岡本は来季いくらに

公開日:

「6000万円、いや、一気に7000万円までいくんじゃないか」

 気の早い話だが、巨人ナインは今、こんな話で盛り上がっている。

 高卒4年目にして才能開花、レギュラーどころかクリーンアップに完全定着した岡本和真(21)の来季の年俸である。

 12対4と大勝した16日のヤクルト戦は4打数1安打と目立たなかったものの、打率.345は堂々のリーグ4位。26打点は同5位、7本塁打は同5位タイと目覚ましい働きだ。このままバットが湿らなければ、今季の年俸1200万円がナンボになるのか、確かに気になるところではある。

■ゴジラ松井の昇給率が根拠に

 ナインがウワサする6000万円は、松井秀喜の昇給率が根拠になっている。松井は打率.294、20本塁打、66打点の成績を残した2年目のオフ、1900万円だった年俸が一気に6200万円になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る