2戦連続「2番・DH」も…大谷はサイ・ヤング賞右腕に3三振

公開日:

 3人目の大物食いはならなかった。エンゼルス・大谷翔平(23)が16日(日本時間17日)のアストロズ戦に「2番・DH」で2戦連続スタメン出場。4打数無安打3三振だった。

 大谷は相手先発で11年に24勝(5敗)してサイ・ヤング賞を獲得したバーランダー(35)に対し、手も足も出ない。内外角を巧みに投げ分けるベテラン右腕に翻弄され、四回の第2打席で変化球を二ゴロにするのがやっと。相手の術中にはまり、大谷のバットは空を切る。九回の第4打席は154キロの外寄りの直球に振り遅れて、バーランダーに通算2500奪三振を献上した。

 ここまでインディアンス・クルーバー、ヤンキース・セベリーノとメジャーを代表する好投手から一発を放ってきたが、バーランダー攻略には失敗した。

 バーランダーの最大の武器は打者の手元でホップして見えるストレートで、平均2619というスピンレート(1分間に換算した回転数)はメジャーでもトップクラスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る