松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ボクシング世界王者が失恋でKO 男なんてモロいもんよ

公開日:

 プロボクシングWBCスーパーフライ級に、シーサケット・ソールンビサイ選手って、タイのたいへんに強いチャンピオンがいる。31歳になった今年、17年間付き合ってた彼女からSNSで破局を宣言されて、おまけに新しい彼氏の写真までアップされたもんで、ショックのあまりボクシングが続けられなくなったというニュース(読者は知らんだろうな、オレも知らんかった)。

 次なる世界戦に、なにくそ! と彼女を奪った男と挑戦者をダブらせてぶっとばしたる! ト、まあな、チャンピオン防衛へネジを巻くよすがとすればよかろう、とか、ポジティブシンキングで乗り越える方策もあろうが、シーサケット選手はシー(彼女)との関係がサケッちまって、立ち直れんらしいのよ。

■ジジイ死んで化粧濃くなり…

 気の毒この上なく、一日も早く失恋の痛手から立ち直られることをお祈り申し上げ、わたくしのご挨拶とさせていただくことでもねえが、いやナニ、これでフト思い出したのが、野球だけならともかく、他のスポーツでも物議を醸す発言、女子テニスの大坂なおみ選手が試合中に感情が抑えきれなくなって泣きだしたのを「女の子だねえ、失恋でもしたかな」と張本勲がコキやがった件な。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る