ロッテ打線を手玉 オリ助っ人アルバースはモイヤーの再来

公開日:  更新日:

「(捕手の)若月のリードが良かった。その通りに投げられた満足感もある」

 こう言って笑顔を見せたのが、オリックスの新助っ人、アルバース(32)だ。15日のロッテ戦に先発し、6回3安打1失点の好投。チームトップ、リーグ2位タイとなる5勝目(1敗)を手にした。

 08年ドラフト10巡目(全体315位)でパドレスに入団。なかなか芽が出ず、独立リーグや韓国球界の経験もある。昨年のWBCにはカナダ代表選手として出場。8月にブレーブス傘下3Aからマリナーズに移籍し、5勝1敗、防御率3・51の好成績を残した。

 スポーツライターの友成那智氏は「オリックスは掘り出し物を得た」と、こう言う。

「アルバースは直球こそ140キロそこそこだが、ほぼ同じ球速のシンカーを武器にする技巧派左腕です。昨季はフォーシームが投球の32%、シンカーが33%、スライダーが19%、チェンジアップとナックルカーブが8%ずつ。緩急をつけるのがうまく、MLBの実況では、『まるでモイヤーだ!』と言われたこともある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る