• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5番降格も4タコ…阪神ロサリオ「スタメン落ち」へ秒読み

 不振が続く阪神のロサリオが、この日も4タコに終わった。初回は2死二、三塁の先制のチャンスに二飛に倒れ、六回も1死一、二塁で右飛だった。

 12日の広島戦から、4番から5番に打順が下がった。この助っ人が期待通りの活躍を見せれば、阪神は接戦のこの試合も楽に勝てただろう。

 昨季まで韓国球界で2年連続3割、30本塁打、100打点。日本球界でも大きな戦力になると評価され阪神が獲得したものの、開幕後は日本投手の巧みな配球に苦しみ、ここまで打率・237、3本塁打、16打点、28三振の数字はお寒い限り。

 明るく、真面目な助っ人も、最近は責任を感じているのか、表情も曇りがち。ここにきて打撃フォームを修正しているが、こういうタイプは気持ちの切り替えに時間がかかるので不振になると長い。毎度、外角の変化球で簡単に「料理」されるシーンが続き、最近は金本監督もロサリオの「スタメン外し」が脳裏をよぎっているのではないか。

 この日は日本ハムのルーキー清宮に22打席ぶりのヒットが出た。こちらも三振の山を築き、「そろそろファーム行き」といわれているが、ロサリオのスタメン落ちは清宮の二軍落ちより早いかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る